新築アパート・新築マンションの種類とメリット・デメリット

新築アパートまたは新築マンションを1棟買いする場合には、その物件のプラン内容によって「建売物件」「売建物件」「土地から購入」の3種類に分かれます。

このページではそれぞれの概要とメリット・デメリットについて解説していきます。

建売物件(たてうりぶっけん)

概要

「建売物件」とは、すでに完成している新築物件を不動産業者から購入する方法です。

業者から見て「建てて売る」から建売物件と呼ばれています。建築主は不動産業者となります。

メリット

  • 完成した物件を見て購入ができる
  • 入居付けがすぐにできる(=すぐに収益化ができる)
  • 未完成リスクなどを自分が負わなくて済む

デメリット

  • 3種類の中で最も価格が高い傾向にある
  • すでに出来上がっているためオーナーの工夫や意向は反映できない

売建物件(うりたてぶっけん)

概要

「売建物件」とは、建築条件付きの土地を不動産業者から購入し、条件に沿って物件を建てる方法です。

不動産業者から見て物件を「売って建てる」ので売建物件と言います。建築主はオーナーです。

メリット

  • オーナーの工夫や意向をある程度反映できる
  • プランは基本的に業者にお任せなので手間がかからない

デメリット

  • 完成まで時間がかかる
  • 完成までのリスクをオーナーが負う

土地から購入

概要

土地から購入する方法は、土地を自力で探し、それに合った物件を工務店などに建ててもらう方法です。

土地を探す労力に加え、設計や建築をお願いする設計士・工務店などの繋がりがなければプランを作ることさえできません。

メリット

  • 業者のマージンがないので価格をかなり低く抑えられる
  • オーナーの工夫や意向を取り入れられる

デメリット

  • 圧倒的に手間がかかる
  • 完成まで時間がかかる
  • 完成までのリスクをオーナーが負う

まとめ

難易度は建売物件→売建物件→土地から購入の順に上がっていきますが、売建と土地から購入の間には大きな壁があります。

しかしその難しさを乗り越える価値のある利益が期待できるので、不動産投資家の上級者が新築を購入する場合には土地から購入することを目指します。

とはいえ建売や売建がダメなわけでなく、圧倒的に手間がかからないというメリットがあるので、上級者でも時間のない方の場合にはそちらを選択することもあります。

ちなみに住宅の場合でも建売住宅、売建住宅、土地から購入の3種類がありますが、土地から購入する場合は決まった型ではなく注文住宅(オーダーメイド)を建築することが多いため、投資用アパートとは逆に土地から購入の住宅が一番価格的に高くなる傾向があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUT US

ちくわ
3歳のネザーランドドワーフ♂。中の人は30代の筋トレマニアの宅建士。 大学を卒業後にせどり、アフィリエイト、マルチ商法、不動産営業、仮想通貨などいろいろ手を出した過去がある。まじめに書いてる記事の中でちょくちょく本音がポロリしてる。